メール

「カノン」ピアノ初心者も素敵に演奏できる楽譜が仕上がりました。

カノン/目黒区ピアノ教室/ピアノ初心者

 

初心者も必ず弾ける楽譜を作りました。

「パッヘルベルのカノン」は大人になってピアノを始めた方の中でも大人気曲です。明るく、ゆったりとした心地良く素敵な曲。途中から右手はたくさん動くし、左手はどうしたらいいのか?と考え、左手は4小節だけ弾ければ全て弾けるアレンジにしました。まずはYouTube動画で聞いてみて下さい。

OTO

「  弾いてみたいなぁ」と夢が広がればいいなぁ

 

「カノン」って何?

「パッヘルベルのカノン」 作曲家 ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel/1653年-1706年)の作曲した曲です。パッヘルベルの曲の中で一番有名ではないでしょうか。

パッヘルベルはドイツの作曲家、バロック時代に活躍しました。パッヘルベルはバッハのお兄さんに音楽を教えていたそうです。

「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第1曲です。 カノンは、主声部のフレーズを第2声部、第3声部の対位法的なものを指します。 主題が追っかけっこしているような形です。  

ピアノ初心者も弾ける?

YouTube動画はこの楽譜をそのまま弾いています。下の楽譜を見ると「難しい?弾けるの?」となりそうですね。でもここは一番かっこいい箇所、 右手の練習は動く指作りにもいいエクササイズになります!

楽譜には指番号を記入しましたが、フレーズが途切れなければ変更しても問題ありません。指番号を変更した時に注意することは、「何回弾いても必ず同じ指で弾く事」「弾くたびに指使いが変わるのは弾けていない」という事になります。

「この指で弾きたいなぁ」と思った時は、楽譜に書き込んでおくのが良いと思います。楽譜の難易度、レベルですが、バイエルの50番程度が弾ける方向けです。

パッヘルベルのカノン/ピアノ初心者/簡単 

こちらの楽譜では、左手は4小節のみ練習すれば最後まで全部弾けます。

まずは左手を練習して、右手を練習することをすすめています。

パッヘルベルのカノン/ピアノ初心者/簡単

この楽譜が曲の始め部分です。「弾けるかも?」という楽譜ですよね。左手は1段目、2段目とも同じのがわかります。これが最後まで続きます。

指づかいは少し変えていただいても大丈夫です。(実際に弾いた方から弾きづらいので変えたいと言われました…)ただ、ピアノらしい指番号(運指)としてはこのようになります。

先ほどにも書きましたが、弾きやすい指番号に変えたい場合は、常にその指で弾けるように弾いて下さい。楽譜にも書き込んで下さいね。

まずはゆっくり、片手づつの練習からスタートです。1つの曲でも色々なアレンジされた楽譜があります。「この曲の楽譜は持っているけどまだ弾けない」という方が沢山いて、左手を一番シンプルにしました。

すでにお持ちの楽譜で練習されている方も、ピアノレシピ アレンジ楽譜でチャレンジする方も素敵な「パッヘルベルのカノン」をあなたのレパートリーに仕上げて下さいね。

楽譜のご購入

カノン/目黒区ピアノ教室/ピアノ初心者

PDF楽譜:500円(全3枚)

 

OTO

弾けたら聞かせて欲しいなぁ

「カノン」を弾いてみたいあなたに。

  • 初回60分のオンラインのピアノレッスン
  • 鍵盤手ぬぐい「おとてぬ」付き。

ピアノオンラインレッスン

初回オンラインレッスン 1回/60分

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。