お問い合わせ

家のピアノでは弾けるのに

目黒区ピアノ教室/ピアノレシピ

「家ではもっと上手に弾けるのよ」「家では間違わないのに、先生のところで弾くと間違えてしまう」

ピアノのレッスンの時、こんな質問をされることが多くあります。お気持ち、とてもよくわかります。ピアノは持ち歩く事が出来ない楽器で、演奏会の場でも始めて触るピアノを演奏することになります。

  • タッチ感
  • 鍵盤の材質
  • 椅子の高さ、大きさ
  • ペダルの踏み心地
  • 強弱の出し方

 

ピアノのタッチは楽器によって、違うものだと理解しておく方がよいです。

ピアノ1台1台が違うと思います。電子ピアノでも、個体差があったりします。ご自宅のピアノが電子ピアノ、先生のレッスン会場ではグランドピアノだとすると、タッチは当然違います。ご自宅がグランドピアノだとしても、先生のグランドピアノとしても感覚が違います。

弾いていくうちに、自宅のピアノと先生のピアノが違いがだんだんとわかってきます。

”ちょっと重い感じだな”
”なんか滑る”
”音が大きい” ”音が小さい”

だから、こうやって弾こう!っと身体で感じていきます。

違いがわかってくると、ご自分なりに弾きわける事が出来るように必ずなります。

「家では間違えずに弾けるのに、なんでレッスンに来ると弾けないのかしら?」と言われる方が多いです。ちょっと厳しいですが、レッスンで1、2回間違えるのは、きっと緊張感等ですが、ほとんど弾けなくなっているこの状態は、弾けていないという事ですね。

環境が変わり、多少の緊張感を持ちながらピアノに向かう訳ですから、いろんな事が頭に巡り、「あ、間違えた・・・」となるのだと思います。

目黒区ピアノ教室/ピアノレシピ

 

練習法としては、やはり、楽譜を確認しながら、ゆっくり確実に弾いていく
これが1番大切です。

  • 指番号、音は間違っていないか
  • 確実に音を理解する
  • 丁寧な練習をする
  • 音を良く聞く

何となく、ではダメで確実に弾くことですね。

私がこのような事をいつも言っているので、レッスンに来られるほとんどの方が、独り言のように、「家では弾けるのに・・・でもここで弾けないのは、弾けていないってことでした。わかっています・・・でもなんでこうなるの?ほんとは弾けてるのに...いえいえ、弾けていないと言う事でした・・・。」

っと、つぶやきながら弾いていらっしゃいます。みなさん、頑張っていらっしゃいます!

同じお気持ちを持たれた方、ぜひ、ピアノのタッチ感を考えながら、
そして、音を正確に練習する習慣を付けて下さい。いつでもどこでも同じ演奏が必ず出来るようになります!

ピアノは自分の楽器を持っていけないんです。でもいろんなピアノを弾く、操る楽しみに繋がります。大人になって始めたピアノであっても、ピアノの違いはわかります!

ぜひ、いろんなピアノを弾きこなしていけるよう、日々の練習と感覚を身につけましょう。